【ショートヘアのエキスパート】

美容院で初めてヘアカラーする時の頼み方・注意点

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
上原 宏幸 AIRYVEILオーナー 1988年生まれ。関西美容専門学校卒業。 学生時代に数々コンテストに参加しヨーロッパ公費留学生に選抜。 学内コンテストで受賞。 20歳から神戸三宮のサロンから美容師人生がスタート。 ステージヘアーショー、ヘアモデル撮影、ヘアメイクコンテスト受賞、カットコンテスト受賞。 前サロンでは6年間店長を務め、年間約1300人のお客様の髪・頭皮を担当していた。 ショートカット・くせ毛カットを得意とし、内面からキレイをつくる 「未来の髪を育てる」ヘアデザインを提供している。

美容院で初めてヘアカラーをする方への記事です。

ヘアカラーの種類・美容院での頼み方・注意点などをまとめました。


こんにちは、上原宏幸です(^_^)

今回は初めて美容院に行く人の

こんな質問です。



【読書のお悩み】

初めて美容院でヘアカラーしに行くけど、

希望の色にしてくれるかなぁ?

なんて頼めばいいんだろう、、、

気をつけておく事とかあれば知りたい。



こういった疑問に答えます。


ブログを読むことで分かること

この記事を読むことで、美容師さんとのカウンセリングもスムーズにでき、

希望の髪色を楽しむ事が出来ます。


当日に髪を見せてもらった時に、

希望の髪色に「出来るヘアカラー」と「出来ないヘアカラー」があるからです。


例えば、希望の写真がブリーチをしていた場合、予約枠の時間が限られていて、希望の明るさ、色味を表現出来ない。というケースもあるからです。


「そんなの一般客にはヘアカラーがブリーチした色なのかわかんないよ!」

そんな方にもアドバイスがあります。


この記事を読んで、美容師さんと希望の髪色にしてもらってヘアカラーを楽しんでくださいね(^^)

この記事を書いている僕は、美容師歴13年、年間約1300人の髪、頭皮を診断しています。

こういった僕が解説していきます。



では、さっそくいきましょう。



ヘアカラーの種類

ヘアカラーには種類があって、

黒髪に染めるパターン→ファッションカラー

ブリーチしてから自分の黒い色を抜いてから染めるパターンがあります→ブリーチカラー


初めての方だと髪色がどーやって染まるのか想像がつきにくいと思いますので、

一つずつ解説していきます。


《ファッションカラー》

最近ではファッションカラーも種類が増えて

主に2種類あります。

  1. ワンメイク
  2. 外国人風カラー



1 【ワンメイク(一色染め)】

ワンメイクっていうのは

ベージュならベージュの色味に全体を

一色に染め上げるカラーです。

初めてカラーされる方にオススメです。


まずは自分の髪質や色味の現れかたを

知る事が大切です。




2 【外国人風カラー】

これも初めてカラーする人も良いです。

特徴はハーフモデルさんの様な透明感のある髪質を表現できます。


赤味の少ないカラー剤なので

  • 髪の量が多い人
  • 髪が硬いと感じる人

にオススメです。


《ブリーチカラー》

ブリーチというのは「脱色剤」で色を抜く効果があります。

“染まる」わけではなくて“抜く”んです。


〈例えば〉

黒い画用紙に色を塗っても色はわからない

白い画用紙に色を塗ったら色味がわかる

コレがブリーチカラーの特徴です。




左「黒い髪」より右「ブリーチ毛」の方が

ピンク色を感じやすいですよね

このような形で以下の

ブリーチカラーの種類を紹介します。



1 【ダブルカラー】

ダブルカラーは2回カラーをする事です。

1回目にブリーチカラーで色を抜く

2回目に希望の色味のカラーを塗っていく

そうする事でより透明感があって

柔らかい質感のヘアカラーが可能です。



2 【ハイライト】

ハイライトは細い毛束をたくさん作って

立体感のあるカラーにする事です。


「メリット」

  • プリンが気になりにくい
  • ワンメイクよりオシャレ感
  • 人と違うデザインになる

などがあります。

3 【インナーカラー(イヤリングカラー)】

インナーカラーは耳周りやえりあしの

隠れた部分にブリーチを使用し、

そこに色を入れる事です。

全体ブリーチは痛むし勇気ないけど、

インナーカラーからあまり目立たないし

チャレンジ出来そう!

と、初めてブリーチする人にオススメです。


※【ブリーチ使用の注意点】

ブリーチをする時、した後の注意点が

いくつかありますので、

必ず担当美容師さんと確認、相談してくださいね。

「注意点」

________

・ダブルカラーの時頭皮が荒れやすい人は

めちゃくちゃ滲みます。(人による)

・ブリーチカラーは1週間したら色は抜けて

金髪になります。(賞味期限が短い)

・ブリーチした場所はその後の色が抜けやすい状態になる

・めちゃくちゃ痛みやすくなる

・パーマ、縮毛矯正はしにくくなる

________

などなど、ありますので、


お客様「とりあえずブリーチで〜」

といって簡単にしてしまって、

その後「縮毛矯正したいんですけど〜」

っと言われても

美容師「この状態では無理ですね…」

ってなっちゃうかも、しれないので

必ず担当美容師と必ず相談してくださいね。


美容院で初めてヘアカラーの頼み方

希望のヘアカラー候補2〜3用意する

【複数用意するメリット】

  • プロ目線で似合う色を提案してくれる
  • ライフスタイルに合わせて提案してくれる
  • 出来ないパターンがあっても大丈夫
  • 髪の状態を診て可能なヘアカラーを決める
  • 時間的な問題で可能なヘアカラーを決める
  • 追加料金で高額になってしまわないように

などなどがあります。

初めて美容院でヘアカラーする時に

希望の写真や画像を持っていくと

思うのですが

この時、希望写真を1枚用意して

「これにしよー」と意気揚々と

ご来店していただき

予約時のメニューはワンメイク

時間は1時間

希望のヘアカラーはブリーチ使用していて、

お客様の髪では難しいです…

と判断されるケースがよくあります。

そんな初めてのヘアカラーが

妥協で終わらないためにも

パターンを2〜3個用意しておくこと

をオススメします。


前日までの注意点

【必須】アレルギーや肌荒れ防止のパッチテスト

ヘアカラーをする際には

「パッチテスト」というものをして

アレルギー反応がないかを確認してから

染めた方がいいです。

あらかじめに薬局でヘアカラー剤を購入して

パッチテストを行ってから

ご来店頂く事をオススメします。


【確認】頭皮にキズがないか

前日までの間で頭皮にキズがあると

そこから滲みて腫れてしまったり、

アレルギー反応が出たりするので

掻きむしったキズや

ぶつけて頭が痛いなどがある場合は

ヘアカラーは後日に回した方が賢明です。

また頭痛がよくする人や、

寝不足、体調が悪い日もヘアカラーは

避けた方が良いので気をつけましょう。


【アウトかも】ホームカラーをしていると…

コレだけは注意なんですが…

美容院では初めてのヘアカラーでも

お家でホームカラーをしている人は

美容院でのカラーが綺麗に染まらない

可能性があります。

自分で明るく染めてたり

黒染めしてたり、、、

美容院で整えてもらおうと思っても

ムラのある状態や傷んでる状態だと

綺麗に染まらない可能性があり

最悪何もできず終わってしまうことも

あります。

ですので、

ホームカラーをしていて、美容院で初めて

ヘアカラーをされる方は

一度ご相談受けてからされる事を

オススメします。



最後まで記事を読んで頂き

ありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

初めてのヘアカラーもドキドキするし

美容院での頼み方もなんで言えばいいか

分からない方に

少しでも参考になれれば嬉しいです♪

AIRYVEILではこういった

髪のお悩み・最新トレンドに応えた

ブログ記事を発信しています。

「ワンテーマ・ワンアクション」

〜1つのテーマから1つの行動〜

につながる何かのキッカケになれればと

思います。

イイね!と思った方・タメになった!

と思われた方は他のブログも

見てみてくださいネ(^^)

それでは、また。



この記事を書いている人 - WRITER -
上原 宏幸 AIRYVEILオーナー 1988年生まれ。関西美容専門学校卒業。 学生時代に数々コンテストに参加しヨーロッパ公費留学生に選抜。 学内コンテストで受賞。 20歳から神戸三宮のサロンから美容師人生がスタート。 ステージヘアーショー、ヘアモデル撮影、ヘアメイクコンテスト受賞、カットコンテスト受賞。 前サロンでは6年間店長を務め、年間約1300人のお客様の髪・頭皮を担当していた。 ショートカット・くせ毛カットを得意とし、内面からキレイをつくる 「未来の髪を育てる」ヘアデザインを提供している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA