【ショートヘアのエキスパート】

【白髪を抜くとどうなる?原因と対処法3つ】

上原宏幸
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
上原宏幸
上原 宏幸 AIRYVEILオーナー 1988年生まれ。関西美容専門学校卒業。 学生時代に数々コンテストに参加しヨーロッパ公費留学生に選抜。 学内コンテストで受賞。 20歳から神戸三宮のサロンから美容師人生がスタート。 ステージヘアーショー、ヘアモデル撮影、ヘアメイクコンテスト受賞、カットコンテスト受賞。 前サロンでは6年間店長を務め、年間約1300人のお客様の髪・頭皮を担当していた。 ショートカット・くせ毛カットを得意とし、内面からキレイをつくる 「未来の髪を育てる」ヘアデザインを提供している。

 

こんにちは、AIRYVEIL上原です(^ ^)

 

 

【読書のお悩み】

・白髪を抜くとどうなる?

・白髪が生える原因

・白髪対策方法知りたいな

 

こういった疑問に答えます。

 

 

【ブログを読むと分かること】

・白髪を抜くと悪影響がある理由

・白髪が生える原因は

・白髪を増やさない対策方法3つ

・生えた白髪の隠し方

 

 

この記事を書いている僕は、美容師歴13年、年間約1300人の髪、頭皮を診断しています。

こういった僕が解説していきます(^ ^)

 

 

【白髪を抜くとどうなる?】

 

結論、白髪は抜かない方がいいです。

シンプルにこれが一番です。

 

なぜなら、白髪を抜くと毛根にダメージが出るからです。

毛根からは基本2〜3本の髪の毛が生えているのですが、抜くことで他の髪の毛

にも余計な圧がかかり負担になるからです。

数々のお客様が同じようなお悩みで抜いてしまう人がいますが、抜いて良くなる、無くなることはないですね

(99,9%と言っても良いくらいほぼ全員は抜いたことあるはず)

むしろ増えていく可能性が上がります。

 

でもそんな事は分かってるけど気になるし、という方へ。

→白髪を増やさないようにする事が大切です。少しずつですが小さな習慣が大切です。

 

なので白髪は抜かない方がいいので「増やさない対処法」をお伝えしていきます。

簡単なことから始めてみてください。

 

 

僕自身を抜くと頭皮へのダメージが気になるので、毎日の中に増やさないようにする習慣を身につけています。

今ある髪は必ず衰えてしまいます。歳をとってハゲたくはないので抜かないですむように髪を大切にしています。

皆さんにもいくつになってもキレイでオシャレを楽しんで、自分に自信を持って充実したライフスタイルを送って頂きたいと願っています。(美容師としてもいつまでもヘアスタイルを楽しんでいたいですね)

 

 

・白髪が生える原因まとめ

その①地肌への栄養不足

その②血流を促すことが大切です

その③ホルモンバランスを整える

 

白髪を抜かないで生やさないようにしたいので、その原因をまとめました。

 

 

その①地肌への栄養不足

白髪が生える原因は、毛根への栄養不足でなってしまいます。栄養が少なくなってしまい、色素を作る細胞の機能が弱くなり色が作られなくなり白くなってしまうのです。黒く艶やかな髪を維持するには栄養が送り込まれるように、代謝を上げて血管を元気にすることが重要です。

 

 

その②血流を促すことが大切です

血流を促すことで大切なのは、血流を良くすることがポイントです。栄養は血管を通って運ばれるのですが、頭皮への血管は細〜い細い”毛細血管”なので行き渡りにくくなってしまいます。

また頭皮って自分で動かすことが出来ないので手でマッサージするしかないんですよね。手で圧をかけたり緩めたりして血行促進するのが良いです、お風呂に浸かるなどして温めることも重要ですね。

 

 

その③ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えることで髪の老化を防ぎます。寝不足や不規則な生活になったりすると自律神経が乱れてホルモンバランスが乱れます。すると髪が育つサイクルが乱れるので、髪が細くなったり栄養がなくなって白髪に変わったりするんです。

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすかったり、引っ越しや転職などの環境の変化によるストレスなんかも影響を受けやすいです。

 

 

・白髪を増やさない対処法3つ

その①頭皮マッサージをする

その②疲れ、ストレス溜めない

その③白髪がなくても今から対策しましょう

 

 

白髪を増やさない対策方法3つをそれぞれ解説していきます。

 

 

その①頭皮マッサージをする

頭皮マッサージをすることでの効果はもちろん血行促進です。顔周り、耳周り、首元を順番にトップのつむじに向かって上へ持ち上げるようにマッサージすると良いですよ。(僕は、朝起きた時やシャンプー中にすることを習慣にしています。)

 

その②疲れ、ストレス溜めない

疲れが溜まると血管が収縮して血行不良になり栄養が行きにくくなります。また頭皮の筋肉も突っ張ってきて地肌が硬くなってしまうと血流が悪くなってしまうんです。ストレスは自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れてしまいます。

疲れてるなと感じる時は、お風呂にゆっくり浸かって早めに寝るように、少し調整できると良いですね。

 

その③白髪がなくても今から対策しましょう

白髪が出てからではなく、白髪がなくても今から対策しておくことが大切です。髪は習慣なので不規則な生活を続けていると若いうちから白髪が、、、なんてこともすくなくありません。早くから始めておくことが大切なので頭皮への規則正しいリズムを意識しておいてくださいね。

 

生えた白髪の隠し方

生えてきてしまっている白髪に対しては抜くのはNGだと理解して頂いたと思うのですが、「じゃあどうしたらいいの?隠したいんだけど!?」と思いますよね。ここは考え方を変えて〈隠す〉→《活かす》に変えてみてはいかがでしょう。

そこでオススメするのが『ハイライト』です。

ハイライトとは全体カラーに4Lv前後の明るい筋を混ぜるカラーデザインです。

【効果】

・立体感が出る

・明るく見える

・伸びてもプリンが気になりにくい

・白髪がなじみやすい

 

 

 

 

以上が白髪を抜くと起こること、それに対する原因まとめと対処法を書いていきました。白髪は抜かずに増やさない習慣を意識していくことで髪を健康に育てることが出来ます。是非やってみてくださ。

 

僕のヘアサロンAIRYVEILでは「髪を育てる。」をコンセプトにした美容室です。

デザインするために髪が健康であり質感が大切です。そのためのケアの方法や習慣をお伝えして

いつまでもオシャレを楽しんで欲しいと願ってます。

興味があれば他の記事もご覧になってください。

 

それでは、また(^ ^)

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
上原宏幸
上原 宏幸 AIRYVEILオーナー 1988年生まれ。関西美容専門学校卒業。 学生時代に数々コンテストに参加しヨーロッパ公費留学生に選抜。 学内コンテストで受賞。 20歳から神戸三宮のサロンから美容師人生がスタート。 ステージヘアーショー、ヘアモデル撮影、ヘアメイクコンテスト受賞、カットコンテスト受賞。 前サロンでは6年間店長を務め、年間約1300人のお客様の髪・頭皮を担当していた。 ショートカット・くせ毛カットを得意とし、内面からキレイをつくる 「未来の髪を育てる」ヘアデザインを提供している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA